読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5周年記念イベント

A.B.C-Zデビュー5周年おめでとう!!

ということで高田馬場までポスターお渡し会に行って来ました。

すごい並んだけど行ってよかった。
サヨナラする準備が少しだけできた。

こういう接触イベントは運だし、自分の積極性も大切だ。ただ運の場合、この受け止められなさはひどい。我ながら。

前の人には、その人は何も言っていないのにニコォッて特別なことを言ってて、私には完全に疲れた顔で振り返っていた。何だろう。悪くない。誰も悪くないのに。だっれも悪くないのに、心がずーんってなった。握手もしてないのに。

本当に誰も責められないのが逆につらい。みんな頑張ってて誰も悪くない。ただ差を目の前にすると愕然として少しだけ悲しくなるんだ。

無償の愛を与えなくてはいけないということも分かってる。ただの気持ち悪いファンだからさ、あの疲れた苦笑いを向けられても耐えなきゃいけないんだよね。うん、そうだ、耐えなきゃって考えてたら、たかが趣味なのにって本当に辛くなってきた。

あー他のメンバーになにされても大丈夫なのに、こんなに悲しくなるのは何でなんだろう。私はただのヲタク。遠くで見てるのが一番向いてるんだ。

というか他のメンバーは逆にすごく優しかったんだ。それも辛い。橋本くんにどれだけ助けられたか。ありがとう。

だから今年の夏が終わったら一番をやめる。イベントに行ってA.B.C-Zにはこんなに沢山のファンがいるんだって改めて知ることもできたし。純粋にキラキラしたファンがこんなにいるんだもの。

少しだけさようならの準備をするよ。
大好きな君から離れるんだから。
もう少し時間をください。

A.B.C-Z、デビュー5周年おめでとう!
そして本当にお疲れさまでした。