読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

0426夜 Defiled

皆様が口々にすごいすごいと言っていたこの公演。

わたしはピンとこなかった。原因は明確で、今日が前列での初見だったから。ブライアンとハリーを交互に見なくてはいけなくて、全体を把握できなかったため、会話を聞いている相手の表情が追えなかったのだ。とてもとても残念だ……。

―――――

そんな悲しみに暮れてばかりではこれからの観劇が楽しくなくなるので、その中でも記憶に残っていることを記しておく。

ハリーが青いカップを乱暴によけた瞬間の空気感。
(復活の意味を持つそのカップですら倒してしまうのだ……)ブライアンがハリーに拳銃を向けたときの絶望感を滲ませた顔。ブライアンから奪い取った拳銃の引き金に、決して指を入れなかったこと。そして、出てけよとブライアンに言ったときのハリーの表情や声色、すべて。

ハリーの目から狂気と悲しみと怒りと安堵と沢山の感情を知った。静かに狂気を表現するのもすっと目から色が消えていくのも、全てが印象的だった。

ほんと目ばかりみていたなぁ。目がね。すごくて。
ギリギリのところで生きてるような目。

あと、姉に電話するところの印象が変わった。決意して電話したんだろうなぁ。なのに、すっと手を離されていく。メリンダとの会話後もそうなんだけど、みんなすっと手を離していくのが辛くて。変わらずに生きているハリーと、変わっていくものたち。ハリーは真っ直ぐに自分の信念を曲げずに、曲げられずに生き続けていた。


そしてブライアンには出てけよ、と自ら手を離すんだ。それまで狂っていた目を、はっきりと潤ませながら。

アヴェマリアとか、考えだしたらきりがない。イタリアのこととか、宗教のこととか。

でもきっとDefiledで思い出す光景は、あのハリーの目なのかもしれない。静と動、そしてあのじめっとした空気感。それでいいのかな、分からないけれど。

―――――

昔『虹とマーブル』を観に行ったとき、小出くんの目がだんだんと死んでいく、色が消える、というの姿が未だに忘れられないし、あれでこの人すごいわって思えたので、戸塚くんのことも後々あれすごかったなーーって記憶に残りそうで嬉しい!ちなみにこの作品で小出くんも最後打たれて死ぬ!